馬プラセンタと豚プラセンタ

近年、セレブだけではなくて一般の方々にもアンチエイジング戦争が拡大し始めているのを強く感じます。

昔は一部の女優さんやセレブの間でブームとなっていましたが、今ではテレビのCMでも目にする機会が増えました。

そしてアンチエイジングをしようと思ったら「プラセンタ」が、人体に及ぼす老化防止の効果が高いことがわかりました。

といってもプラセンタにはヒト・馬・豚・羊・植物といったたくさんの由来成分があるということで、調べてみると、サプリで摂るのが良いなっていて、その中でも馬プラセンタと豚プラセンタが主流となっているようです。

< スポンサーリンク >

馬プラセンタとは

馬プラセンタとは馬(哺乳動物)の胎盤のことです。

胎盤は妊娠している際に馬の胎児を包み込む羊膜と子宮を結んだ位置にある円盤状の臓器のことを指し、体内で胎児の基礎細胞を作り、以後自力で成長していくための栄養素をふんだんに含みながら出産時にだけ形成される臓器のことです。

胎盤と胎児はへその緒でつながり、体内で羊水に包まれて成長する馬の胎児が出産するまで呼吸することなく栄養素を母体から供給してもらえるわけです。

その栄養素の塊である胎盤から抽出されるものが、医療や美容に開発されて使用されているのです。

馬は他の動物に比べると体温が高い動物であるため、免疫力が高くプラセンタの精製に際しても細菌感染などのリスクが少ないのも特徴だと言えますが、一回の出産で一頭しか生まれないため希少であり、豚プラセンタに比較すれば大量生産が出来ないので高価になるといわれています。

豚プラセンタとは

豚プラセンタとは、豚の胎盤のことであり国内で最も利用されるプラセンタとして注目を浴びています。

比較的安価で生産量が高いため人気が高いと思います。

豚は本来雑菌が多いのですが生育過程の段階からワクチンや薬剤投与も多くみられ、プラセンタにも影響が出ないように検査や除去を徹底的に行います。

良好な環境で飼育された豚を利用することで、プラセンタに含まれる「アミノ酸・タンパク質・核酸・成長因子」などはバランスよく配合し、優良な有効成分の抽出に力を入れている会社もあるのです。

品質管理されて飼育された豚を見分ける方法の一つに「SPF豚」の存在があります。

SPF豚は、日本SPF豚協会によって決められた基準を満たして育てられた豚のことで、抗生物質などの薬剤を与えずに飼育されるので不純物や有害な薬剤などが混入せず、除去処理も少ないので失われてしまう有効成分も格段に少なくなります。

 

< スポンサーリンク >

馬・豚プラセンタの比較

モデル・美白

現在日本国内で最も人気が高いプラセンタは、冒頭でも書いたように馬プラセンタと豚プラセンタですが、両者にはとても良いメリットが沢山あることを知り、どう違うのかを比較してみたので、アンチエイジングでプラセンタ購入を考えている方は参考にしてください。

馬プラセンタと豚プラセンタの差

両者の差は何かというと「原末比較」で考えた場合、豚プラセンタより馬プラセンタのほうが原材料で約2倍以上の高値で取引されているということです。

これは、豚プラセンタに使用される豚は一年に2回の出産期を迎え、平均で114日間の妊娠期間で一度に10頭から15頭程の胎児を出産することができるので、馬と違って大量の胎盤を供給することが可能となります。

馬に比べて安定した供給を得られるので、お得な低価格を実現可能にできるということです。

一方で、馬プラセンタは馬自体の体温が高いことから感染症などの病気や、精製時に良質な栄養成分が多く検出されることから純度が高いと認められています。

馬プラセンタは人間と同じ一頭の胎児を一つの胎盤で細胞形成し、330日という人(人は290日前後)よりも長い妊娠期間であることから胎盤自体が保有する栄養効果も高まります。

あと成分量を調べてみると、馬プラセンタは筋肉や肌に必要なタンパク質やコラーゲンの形成にも関与する、アミノ酸が豊富に含まれていることが確認されています(アミノ酸量は豚プラセンタの1.2倍)。

しかも馬プラセンタのアミノ酸は、人間が体内で作る事の出来ない「必須アミノ酸」を多く含んでいることもわかっています。

なので、馬プラセンタは豚プラセンタより栄養価の純度が高く、安全性にも不純物の除去の手間も少ないことでより安全に使用できるということになります。

アミノ酸の量や美容成分に対して前向きにこだわりたいなら、馬プラセンタが使用されている製品を選ぶべきですし、一度安価の豚プラセンタで試してみてから馬プラセンタに変更するというのも一つの手ですね。

 

< スポンサーリンク >

プラセンタエキスと原末の差

生活習慣・入浴

「プラセンタエキス」とは、簡単に言いますと、健康な豚や馬の出産後に得られた胎盤を酵素や塩酸を利用して分解抽出し、液状またはペースト状で加熱殺菌されたもののことです。

参考公益社団法人日本健康・栄養食品協会による定義

「原末」はプラセンタエキス純末と同じで、プラセンタエキスの抽出工程を経て得られた液状、またはペースト状の状態から徹底的に乾燥させて水分を除去した粉末状のものをいいます。

エキスと違い、アルコールや水分等の胎盤以外の成分を除去しているので純度が高いです。

なので効果を期待するなら、「プラセンタエキス由来」より「プラセンタ原末を使用」に重点を置くべきではないでしょうか。

研究的にも、原末のほうが圧倒的にアミノ酸の含有量が高いため、プラセンタエキスが原料のドリンクやプラセンタエキス配合の美容液よりも、プラセンタ原末を原料にしているサプリのほうが圧倒的に効果が高いということになります。

よってこの原末が主成分になっている「プラセンタサプリ」を使い、体の中からアンチエイジングをするのが望ましいといえます。

 

< スポンサーリンク >

プラセンタサプリの選び方

プラセンタで美容効果を出したいなら、おすすめしたいのは「純度の高い」原末をたっぷり使用したサプリです。

おすすめしたいサプリは安心・安全の証を持っているもので、コスパ(1円あたり原末の量をどれだけ使っているか)の良いものということになります。

不純物が少なくて質の高い製品かどうかが、良いサプリかを判断する基準です。

また購入に際しては長く続けなければ効果は期待できないので、無理のない価格であることも大切な要素となります。

おすすめの馬プラセンタサプリ



ズバリ「母の滴プラセンタEX」をおすすめします!

「母の滴プラセンタEX」はサイタイ原末を含むスーパープラセンタを配合し、高品質で高い効果が望まれる商品と言えます。

詳しくは母の滴プラセンタEX公式サイト を直接ご覧いただくとわかると思いますが、「良質であること」「コスパが良いこと」「使いやすいこと」をウリにしていて、さらにつけ加えれば5度の品質改良を行い、そのたびに原末のタンパク質の純度が徐々に増していることが、人気が高い理由だと考えられます。

プラセンタ療法の第一人者である、吉田クリニックの吉田健太郎先生も高評価しておられます。

原末をカプセルにして98.8%のたんぱく質を有し、ワンランク上のスーパープラセンタ(臍帯をプラス)を使用することで、結果に大きな差が出ます。

原末純度が94%もあるならOKと考える方も多いのですが、「母の滴プラセンタEX」はさらに向上して、原末純度が98.8%と高めています。

しかも馬プラセンタの効果が高まる含有量の改良を続けながら、どこよりもリーズナブルな価格に抑えていて中身はしっかり整っているとなると、「プラセンタ専門店」という肩書きもダテじゃないと感じます。

価格は単品購入のみで、60粒で4500円(税抜)です。

一日/2粒(400㎎)が目安なので、一袋で30日分となります。

おすすめの豚プラセンタサプリ



豚プラセンタサプリの魅力は「価格の割にしっかりした商品」ということになります。

色々な商品をチェックしてみた結果「はぐくみプラスFUWARI(フワリ)」をおすすめします。

こちらもはぐくみプラスFUWARI(フワリ)公式サイト を読んでいただければわかると思いますが、基本のプラセンタ純度に関して、馬プラセンタと同等のアミノ酸量を使った純プラセンタ使用していて、これが、3粒にタップリの360ミリ(原液換算:7200ミリグラム)配合されています。

90粒入りが一袋になっており、基本のプラセンタ成分に加え、美容効果増大を狙って「アスタキサンチン・セラミド・ヒアルロン酸・エラスチン・ビタミンE」という美容成分がふんだんにがバランスよく配合されています!

初回購入でプレゼントのコラーゲンも無駄なく同時に使えばより有効に補うことが出来るため、即効での効果が期待でき、馬プラセンタと同等のアミノ酸量が入った高濃度の豚プラセンタを使うことでワンランクどころかツーランクも上の効果を発揮しているのです。

関連プラセンタとコラーゲンの違い…それぞれの効果や副作用などの特徴

さらに、この「はぐくみプラスFUWARI(フワリ)」はGMP(厚生労働大臣が定めた医薬品等の品質管理基準のこと)に準拠した工場で製品化しているので安心して利用できますし、放射能検査や農薬残留検査も徹底的に行われているので安全性も抜群といえます。

そしてここが一番ポイント高いのですが、味や形状にも気配りがされていて臭みがなく、継続して飲むなら「飲みやすさ」にも気を使っているというのがおすすめする理由です。

今だけ限定の嬉しい3つの特典も魅力的です。

  1. 50000ミリグラムの濃密コラーゲン(高吸収・高品質)粉末タイプがプレゼントされます
  2. 美容に関する「美容のお手入れブック」がもらえます
  3. 90日間の返金保障が付いています

こんなにメリットだらけの製品が、今だけ初回980円ととてもお得に手に入ります。

しかも、2回目以降の購入が50%オフの3480円(送料無料)は感激します!

Mato-MEMO

まとめメモ

今回は馬プラセンタと豚プラセンタについてかなり詳しくお話させていただきましたが、今までのお話をまとめてみました。

プラセンタとは胎盤のことで、現在国内で最も人気が高いプラセンタは「馬プラセンタ」と「豚プラセンタ」を比較すると、馬プラセンタは高価ですが豚プラセンタよりタンパク質やアミノ酸量が豊富で純度が高いことから品質の信頼性もあり、効果が早く現れる可能性が高いようです。

それに比べて豚プラセンタは生産性が高く(馬プラセンタよりは)安価で、最近では豚プラセンタも飼育方法が改善され厳選した豚プラセンタを使うことができるようになり品質を向上させることを可能にしました。

ここまでを踏まえた結果、私の決断はやはり「馬プラセンタ」です。

あとは継続をしっかりすればアンチエイジング(若返り)の道は開かれるはず・・・「目指せ!素肌美人!」

< スポンサーリンク >

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

他にも、肌荒れやスキンケアに関する予防法や改善策、最新の美容情報などを配信していますので合わせて読んでいただけると幸いです。


この記事がお役に立ちましたら、シェアして同じ悩みの解決に手助けしてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで【キレイ肌】をフォローしよう!